« 「自分は正しい」 | Main | 神戸〜 »

2005.06.23

Book Baton

うわーうわー、りつこさんからまわってきちゃった!
ちまたではこういうのが巡りまわっているのか。音楽の方にしろ、なーんにも知りませんでした(ネット上に知り合いがほとんどいない)。
だから、りつこさんに指名されたときは、まるで買ってもない宝くじに当選したような感覚でした。「ええ?!うっそー!!わたし??え?いいの?わたしなんかがもらっちゃって?いやまてよ落ち着け、同姓同名の他の誰かかも・・・。」

動揺しまくりだけど、でも頭の中は「なにを書こう」でいっぱいだ。うーんうーん。
そういや最近本棚のページも全然更新していない。これを機会に読書熱よ再び!になればいいなあ。ネットばっかりってのもなあ・・・。
ではでは、お暇な方はよかったら覗いていってください。


●持っている本の冊数
本棚2つ分くらいだった。だいたい700冊強。ほとんど大学生のときに買ったものだった。
こっちに来てからはもっぱら図書館に通ってます。
実家に置いてきたのはどのくらいあったか覚えてないなあ。なに読んでたのかもほとんど覚えてないけど、小説が多かったと思う。今はほとんど読まないなあ。


●今読みかけの本 or 読もうと思っている本

今読んでいるもの  岡本夏木 『幼児期』

もうひと月も前に買った本だけど、半分ほどで止まったままですら・・・。いや、内容はとても興味あるんだけど。
「育児本」なるものは全然読まなかった私だけど、ふと本屋で手にとって目次を見たら「読んでみたいな」と思える項目があったから。
周りからとやかく言われがちな子育てだけど、なんでだろう、言われたことに反発はできるけど反論ができない(私の中で相手を説得できるだけの言い訳が生まれてこない)。
それは、私にとって子育ては初めてのものであり、なおかつ継続中なものであるから。確証が、できないのだ。
とかなんとかいいつつ、自信がないんだな、たぶん。自分のやりかたに。
「何でも早く1人でできること」に目くじらをたてる必要なんかないんだ(そしてそういう意見に戸惑う必要もない)、と改めて安心させられた本。
はやく続きを読もう。


●最後に買った本(既読、未読問わず)

ジョン・ダワー著 『敗北を抱きしめて(上・下)』 

読みたくて速攻買いに行った本だけど、読み始めると途端に眠たーくなってしまう。
もう何度読み始めたかわからない。いつも「今日こそは!」と読み始めるのだけど、どうしても5ページ目以上に辿り着けない。きっと、そこを越えればもう引きずり込まれるように読めるんだろうけど・・・。
峠越えができるのはいつのことやら。


●特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)

・灰谷健次郎 『兎の眼』 

家の本棚に昔からあった本。はじめてその中から自分で手にとって読んだ本。小学校4年生の夏だったと思う。
ハードカバーでとてもぶ厚かった。とても読めそうにないかも、と思いながら読み始めた記憶がある。文章がとても易しい言葉でわかりやすいものだったから、読めたんだろうなあ。
読んでみたら一気に夢中になった。晩ご飯も食べずに4時間くらいで読みきった。ものすごい感動と満足感と達成感。あの感じはちょっと忘れられない。
どうしてこの本を手にとったんだろうか。今でもわからない。「兎」って字の読み方が最後までわからなくて、読み終わったあと母に尋ねたのを覚えている。


・三木清 『人生論ノート』 新潮文庫

大学に入って、人間関係と自分のこれからの方向性にちょっと悩んでいたとき、図書館の哲学書のコーナーで目に入ってきた本。「哲学なんて、難しいんだろうなあ」と思いながら、眉間にしわを寄せてパラパラとめくってみた本だった。
脳天がーんとやられたような気分だった。ああ、こんなことを考えられる人がいるんだ、と鳥肌が立った。
「この人すごい!」と思って発行年を見たら、昭和29年。三木清という人、哲学界では有名すぎる人だと知ったのはその本を読んだあとだった。
この人の「幸福論」は、今もずうっと私の心の中で額に入れてかけてある。


・井上ひさし 『吉里吉里人(上・中・下)』

これは本当におもしろかった。この人の書く本、ものすごーく眠たくなってしまうものもあるけれど、これはもうテンポがよかった。すんごく長いけどそれを感じさせなかった。いや、でも長い。
国家とか民族とか、そういうことに敏感になっていたせいもあるけど、考えさせられる部分あり、でも読んでいてワクワクする。全然遠い世界の話なんかじゃないんだなあと、不思議な感覚だった。
こういう発想をできる力、すごいなあと思う。
そして、こんなふうに一見難しく考えてしまいがちな大切な問題を、風刺まじえてのコメディータッチ(純粋なコメディーでは全然ありませんが)で描けることを、本当にすばらしいと思う。


・片倉もとこ 『アラビア・ノート』

これは私のサイトの本棚のページにものせています。この本は言うなれば、私の「元気の源」かな。
偶然本屋で手にした本だけれど、運命的にすら感じます。
内容は文化人類学者の著者が、アラビアの庶民の生活にとけ込んで、そこでの暮らしを調査するというフィールドノート。大学後半くらいから、文化人類学の分野に関心が高くなったため、卒業後ももっぱらこの分野の本を読みあさっている。
一度だけ、妊娠中に民族学博物館(大阪)に、この人の講演を聴きに行ったことがある。もうおばあちゃんなんだけど、この人の感性は本当に素敵だ。
この本を開くと、結婚したって、子どもがいたって、思い続けていたら好きな仕事は続けていける、そうやって励まされる。


・「石垣りん詩集」 現代詩文庫

茨木のり子とどっちにしようかと迷ったけど、茨木さんの本は本棚のページに紹介してあるので、ここではこちらを。
詩集はそんなに読む方ではなかった。というか、まったく興味がなかった。でもこの2人の詩に出会ったら、詩がどれほど言葉を美しく紡いでいるかということに気づいて、見方を改めてしまった。
1年に2,3度読みたくなって開くだけ。その時々によって、目に留まる詩が違っていておもしろい。
残念ながら、石垣さんは昨年末に亡くなった。


●次にまわす人5人まで

だ、誰にしよう・・・。ブログしていない人でもいいのかな?
ええい、すみませんが思いきってお名前出させてもらいます。

bou2さん
SHOKOさん
Atikahさん
森のくじらさん

本当に、気がすすめばでかまいませんので。
読んでみたいなーと思って、お名前ださせてもらいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あ~終わった終わった!

私の最近の志向が小説ではないので、他の人がこれを見て、あんまり興味の湧くような紹介にならなかったかもしれません・・・。
でも私は楽しかったので、それでよしとしよう!
また、どんどん本を読んでいこう、という気になってきて嬉しい。
りつこさんありがとう。

|

« 「自分は正しい」 | Main | 神戸〜 »

本棚」カテゴリの記事

Comments

いさなさん。ありがとう~。
本モードじゃない時に本の話を振るのはちょっと酷だった?いや、私がこの5年ほど全くもって本モードじゃなかったので、そういう状態っていうもすごくよくわかるんだよー。
でもいさなさんの本の話を聞いてみたかったのよー。

いやぁほんとに見事に私の読んだことのない本ばかりだわー。く~、面白い。
私、あんまり日本の作家を読んでなくて、しかも小説以外のジャンルってほんとに読まないんだよねー。

『敗北を抱きしめて(上・下)』『人生論ノート』『アラビア・ノート』
読んでみたくなったよー。ありがとう!!

Posted by: りつこ | 2005.06.24 22:54

こちらこそ、読んでくれてありがとうの一言です。
ほんと、読んでる本見たらその人のことがよーくわかりますよね。だから書評って大好きです。

私もりつこさんのを読んで、海外の小説にも目を向けてみようかな、と思いました。どれもこれもおもしろそうなのばかりで。
本人がおもしろい!と薦めてる本って、文章見たらすぐ伝わってきますよね~。
いやいや、楽しかったです。

Posted by: いさな | 2005.06.25 00:08

いさなさん、こんにちはー。すっかり遅くなってしまいましたが、バトンを受け取りました。よかったみてくださいね。では~。

Posted by: bou2 | 2005.12.02 11:43

わお! bou2さん! 
こちらこそ、勝手に送りっぱなしでごめんなさい~。
わくわくしながら読ませてもらいました。
読んでみたいな、と思った本が何冊かありました。嬉しいです。

Posted by: いさな | 2005.12.02 20:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Book Baton:

» Book Baton [とほぶろ]
そして今度はBOOK BATONですってよ。 ●持っている本の冊数 数えてみたら1600冊ぐらいだった。 10年ぐらい前からできるだけ図書館で借りて読むようにしてる。あんまり再読ってしないから。 もちろん好きな作家の本は迷わず買う。それは作家に対する敬意っていうかなんていうか。 基本的に本は捨てないんだけど、あまりにも爆発してきたので5年ぐらい前に100冊ぐらいBOOK OFFに持って行ってもらった。 でもやっぱり取っておけばよかったと今になって後悔‥。ごめんよ、椎名誠‥。 ... [Read More]

Tracked on 2005.06.24 22:49

» いまさらブックバトン [bou2]
朝一本納品。これから一件やって、夕方からちょっと外出するつもり。 さて、先日仕事でTechnoratiというブログ検索サービスについて調べたのだが、ついでに自分のブログも検索してみたところ、ブックバトンが回ってきていたことを知る。回してもらってからすでに半年。いさなさん、申し訳ない・・・。 ●持っている本の冊数 引越のたびに処分してきたので、大して持っていない。マンガを除けば、数百冊じゃなかろうか。 ●今読みかけの本 or 読もうと思っている本 「フォックス先生の猫マッサージ」... [Read More]

Tracked on 2005.12.02 10:59

« 「自分は正しい」 | Main | 神戸〜 »